2016年10月26日水曜日

補絹補彩‐修理工程紹介‐

今回はただいま作業中の修理工程を紹介いたします。

掛軸作品は巻き広げによって本紙に負担がかかり、横に筋状の傷みが発生しやすいです。
絵具の浮き上がりや剥落、本紙が切れてしまうことも・・・
このように切れてしまったり、虫食いなどで無くなってしまった本紙(この作品の場合は絹)の部分には、似合いの紙または絹で穴埋めを施します。(補絹)
穴が埋まっていなかったり、逆に残っている本紙部分に重ねてしまうと段差が生まれ、新たな傷みに繋がっていまうので、ライトで透過しながらぴったりの形に刳り貫き貼り付けていく、根気の要る作業です。

補絹が完了したあとは、補彩部分を周りになじませます。(補彩)
透明水彩絵具から抽出した顔料を膠水で薄く溶き、濃くなり過ぎないよう少しずつ塗り重ねていきます。
こちらも本紙に絵具がのらないよう注意を払いながらの集中力が必要な作業です。


補絹補彩が完了すると本紙の修理は概ね終了。あとは表具の形への仕立て直しを待つばかりです。

2016年10月11日火曜日

「災害と文化財」講座終了

かねてよりお知らせしておりました、「災害と文化財」講座を本日開催いたしました。

本日のプログラムは
 1.開催挨拶 
     北田克己(文化財保存修復研究所所長)
 2.講演① <被災紙資料の安定化処理について>
     鈴木晴彦((株)修護)
 3.講演② <文化財と災害>
     高梨光正(愛知県立芸術大学芸術学准教授/前国立西洋美術館主任研究員)

―――――休憩―――――

 4.<愛知県の現状について>
     大島敦臣(愛知県教育委員会生涯学習課文化財保護室)
 5.質疑応答
 6.法隆寺模写展示館/文化財保存修復研究所見学

でした。
今回の講座は東海3県の美術館・博物館や市町村の文化財行政に関わる方々にお声掛けし、東日本大震災での文化財レスキューを実際に経験された先生方のお話をふまえてこの地方での文化財の防災について考えるきっかけづくりという趣旨での開催で、28名の方(うち学生7名)にご参加いただきました。 
大規模な災害が発生した際に文化財を守るためには物理的な設備の拡充はもちろん、人的なネットワークの充実も大切です。今回の講座を通して地域の文化財に関わる皆様と、現状と今後の課題を共有できたことは本研究所にとっても大きな収穫となりました。
今後も継続してこのような機会を設けたいと思います。


各プログラムの様子

講演① <被災紙資料の安定化処理について>

講演② <文化財と災害>

<愛知県の現状について>

<質疑応答>

<法隆寺模写展示館見学>


2016年10月4日火曜日

「災害と文化財」講座 参加募集締め切りました。

本日、10/11(火)開催の「災害と文化財」講座参加申し込みを締め切りいたしました。
メール申し込みで受付完了のご連絡が届いていない方がいらっしゃいましたら、お手数ですが下記までお電話でお問合せ下さい。

0561-76-7611(文化財保存修復研究所直通)※平日9時~17時