2014年12月4日木曜日

真長寺にて講演会

11月23日(日)岐阜県真長寺にて「三輪山真長寺文化財保存会・創立20周年記念式典」があり、そこで本学文化財保存修復研究所の脇屋助作先生による講演会が行われました。

この日は「もみじ祭り」も開催され、多くの方が訪れていました。





現在文化財保存修復研究所では、真長寺に伝承される仏画群を修復教材として使わせて頂いており、毎年2~3点づつ修理に取り組んでいます。

講演では修理に使用する道具や材料、修理工程についてスライドを交えながら解説を行いました。
また修理済の仏画3点(梵天・毘沙門天・弘法大師像)も公開され、文化財保存への取り組みを広く知って頂ける機会となりました。

芸術講座の様子

東寺蔵両界曼荼羅図模写完成を迎え、10月16日に記念講演が催されました。


本大学、模写班が6年の歳月を掛け完成させた「東寺両界曼荼羅」。
この作品完成時期と近くして、今年度4月から「文化財保存修復研究所」も設立しました。

「文化財保存修復研究所」は作品自体に修復を施す場所として。
「模写班」は原本作品資料を基に精密な模写作品を制作する場所として。
二つの施設により、作品保存の研究がより充実して行えるようになりました。

これらを記念し、客員教授・有賀祥隆先生と名誉教授・山崎隆之先生が講演を行われましたので、その様子をご紹介します。


有賀祥隆先生が両界曼荼羅図について講演されている所。
百数十名の方が聴講されました。


山崎隆之先生は法隆寺模写館の展示室内で講演をされました。
 
 
両講座ともに多くの受講者を迎えて盛況に催され、講師の幅広く深い知識に、受講者は熱心にメモを取っていました。